日本料理の名店・喜多丘

c0175715_183513100.jpg





名前は、前々から聞いたことはあっても、
私には敷居の高すぎるお店だと思っていた 
日本料理の喜多丘へ、お邪魔して来ました。



こちらは、オットの料理の先生でもあるお店、
「いつもお世話になっております。」
ご挨拶も緊張気味に、カウンターに着席。


まずは、赤い塗りの盃に、梅酒 (緊張で写真撮ってなかった;)
食前酒をいただき、

次に出てきたのは、柚子の器
うに、えび、ほたて、うづらの卵が、
上品なだしのジュレに包まれた一品

c0175715_18422251.jpg


いきなりの、うにに、感激しまくりの私ですが、
「 わぁ~ 」なんて言えず、
おしとやかに、「 うに、好きなんですよぉ 」と小さな声で(笑)

瓶ビールをいただきながら、
次に、いただいたのは、お蕎麦
お茶を飲むような器に、
腰のある極細麺に、沢山の種類の薬味

おだしは、最後の一滴まで飲むように、
「 汁で飲める 」の意味がわかったようなお蕎麦でした。

c0175715_1845104.jpg



ビールの次は、焼酎を。
バカラのグラスでいただく水割りは、濃くもなく薄くもなく
おいしい濃さの一杯。
かぼすの入ったお水も、いっしょに出されます。

c0175715_19423248.jpg


椀物の蓋を開けると、
ふわ~っと、松茸の香り
秋野菜とくるみのしんじょう

c0175715_19465498.jpg


お造りは、あわび・鯛・ミル貝・さば・たらの白子・かつお
そして、口の大きさに合せ、食べやすいように切られた大根

c0175715_19482724.jpg


お薦めの食べ方を聞きながら、
お刺身は、三種類の味でいただきます。
だいだいのポン酢・濃口醤油・アンデスの岩塩&かぼす

c0175715_19501516.jpg


そして、感激しまくりだったのが、ふきよせ。
秋満載です。

c0175715_19531914.jpg


先生自ら、葉っぱを取ってくださり、
お料理の説明をしていただきます。

青み大根・百合根饅頭・千切りされた栗・揚げた稲穂・そばクレープ(中には鯛の皮と味噌)
柿をすりおろしたものに、とんぶりとなめこ・銀杏のおかゆ煮・生姜の甘露煮
酒粕とのし梅・イカとカラスミ・かきのオイル漬け・などなど・・・書ききれないほど。

c0175715_19585728.jpg


じっくり、目で味わい、口で味わい、
秋を堪能したあとは、焼き物
鯛の照り焼き・むかごのから揚げ・鹿児島産の四方竹

c0175715_1959896.jpg


焼酎は、気づくとお代わりが注がれ、
細やかな気遣いにも、心配りを感じながら、
お料理は続きます。

豆乳のクリーム煮
茄子・人参の梅煮・里芋・水菜・黒胡椒の生麩
それぞれが、個々に味付けしてあります。
それが、違和感なく豆乳クリームに包まれ、温かいおいしい椀物

c0175715_2013454.jpg


もう、お腹いっぱいなのですが、
土鍋で炊かれたごはんをいただきます。

鯛のお刺身・いかなごの佃煮・さんまの煮物
そして、お漬物

c0175715_2051752.jpg


このお漬物が、またこだわりのあるひと皿
何種類もの自家製のお漬物は、
漬け方も切り方も頭が下がるお仕事

c0175715_209334.jpg


最後は、メロンのゼリー
こっそり、副料理長にレシピお聞きしました♪
高級なメロンは、手に入らないでしょうけど(笑)
応用いろいろ出来そうです。

c0175715_2011027.jpg





普通の主婦の私が、
なかなか近づけないお店にお邪魔させていただき、
気さくに、素材や料理方法など、お聞きでき、
とても勉強にもなる時間でした。

「 ごちそうさまでした 」
オット、また連れて行ってくれるかな~(笑)






日本料理 喜多丘
[PR]

by arare1818 | 2012-10-31 22:32 | 外ごはん